決算!忠臣蔵 (2019)

堤真一演じる大石内蔵助が予算内での討入りを達成すべく奮闘する時代劇コメディ。大石内蔵助が残した決算書を元に、赤穂浪士の吉良邸討ち入りをお金の面から描いた山本博文の『「忠臣蔵」の決算書』を映画化。元禄14年、お家再興の望みを絶たれた赤穂藩筆頭家老・大石内蔵助は、吉良邸討ち入りを計画。だが、その予算には上限があり……。

監督:中村義洋、出演:堤真一、岡村隆史、濱田岳、横山裕、妻夫木聡、荒川良々、阿部サダヲ、竹内結子、石原さとみ、西村まさ彦、滝藤賢一、大地康雄

決算!忠臣蔵 (2019)のあらすじ

元禄14(1701)年3月14日。江戸城・松の廊下。清廉潔白な赤穂藩藩主・浅野内匠頭(阿部サダヲ)は、賄賂まみれの吉良上野介の態度に腹を据えかね、斬りかかる。通常なら喧嘩両成敗となるはずが、幕府が下した結論は、浅野家のお取り潰しと内匠頭の即日切腹。

突然、藩主を亡くし、お家断絶となった赤穂藩士たちは路頭に迷うことに。これはすなわち、江戸時代の優良企業倒産事件。現代に置き換えると、藩は会社、武士はサラリーマンということになる。筆頭家老・大石内蔵助(堤真一)は嘆く間もなく、勘定方・矢頭長助(岡村隆史)の力を借り、ひたすらリストラに励む日々。その努力や幕府への取次も虚しく、お家再興の夢は断たれてしまう。それでも一向に討ち入る様子のない内蔵助。しかし、江戸の庶民は、赤穂浪士による吉良上野介への仇討を熱望していた。いつの時代も物事を動かすのは、なんとなくの空気感。それは現代も同じこと。ただ、そこで発覚した重大な事実。実は、討ち入りするにも、予算が必要だったのだ。その上限は9500万。討ち入るのか、討ち入らないのか、迷っているうちに予算はどんどん減っていく。とはいえ、世間の空気的に、仇討回避は許されない気配。どうする大石内蔵助!?予算の都合で、チャンスは一回。果たして彼らは予算内で、一大プロジェクト“仇討”を無事に決算することができるのか……!?

  • コメント: 0

関連記事

  1. 殿、利息でござる! (2016)

  2. チーム・バチスタの栄光 (2008)

  3. 残穢 -住んではいけない部屋- (2016)

  4. ジェネラル・ルージュの凱旋 (2009)

  5. ゴールデンスランバー (2010)

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。